島の酒。無二の泡盛。請福酒造 有限会社

seifuku1

camp_2014_seifuku2.1
camp_2014_seifuku7
camp_2014_seifuku5
camp_2014_seifuku9

石垣島の名酒

請福酒造の地元といえば石垣島、私の地元である。私がいたときにには石垣中学校近くの漢那酒造でしたね。現在は宮良のほうに本社を移転しています。当時の蔵元は現在ギャラリーになっているので観覧できますよ。
代表銘柄は、『請福ビンテージ』『請福梅酒』『請福直火』古酒家のとコラボ梅酒では『くろ梅酒』泡盛古酒をつけ込んだ梅酒はコクがあり、うまし!!

請福のキャラクター専務

THEおふくろ。請福酒造に専務あり。それぐらいのインパクト!!お話しが好きなので、泡盛のお話が沢山伺えます。とにかく長い!!(笑)怒られるな??(笑)古酒家でも数年前、専務が中心になって取り組んでいる。『さけたりやー』当時の泡盛仕込みを体験。しかも寝ずの番で・・・体験者はとにかく大変だったとの事。
協力して頂いた専務のおかげで、泡盛をつくる事ができました。ただただすごい専務でした。石垣島で会えますよ(笑)

初体験

当時、私の祖父がよく請福マリンボトルを飲んでいました。私が小学生のとき祖父にだまされ正月に「水飲むか」と言われ飲んだ泡盛が請福マリンボトル。何年か販売していなかったのですが、現在は復活しています。ですので初めて飲んだ泡盛が請福の泡盛ということになります。
注:もちろん『お酒は20歳から』ですよ。


沖縄本島最北端の泡盛酒造所。田嘉里酒造所 石垣島の名酒 請福酒造の地元といえば石垣島、私の地元である。私がいたときにには石垣中学校近くの漢那酒造でした […]
島の酒。無二の泡盛。請福酒造 有限会社 沖縄県石垣島にある泡盛蔵元。昭和二十四年創業。伝統的な製法を重んじつつも、 現代的ニーズに応えるべく探究心旺盛な酒造所です。